遮光カーテンのメリットと向く人の生活スタイルは?

遮光カーテンってどんなもの?

カーテンは外からの視線を遮るだけでなく、太陽の光をカットしてくれます。遮光カーテンはそれらの「光」に関する機能が高いカーテンのことで、等級が決められています。遮光一級では遮光率が99.99%以上と定められ、以下遮光二級は遮光率99.98%~99.80%、遮光三級では遮光率が99.79%~99.40%と続きます。遮光一級のカーテンは昼間カーテンを引いても部屋の中は真っ暗になる程度の遮光率があり、遮光三級のカーテンではうっすらと人の顔が見える程度の光を通します。従って遮光カーテンは等級によって使い分けることが可能です。

また遮光カーテンは光だけでなく紫外線をカットしたり断熱作用があります。そのため窓際での日焼けを防いだり、夏はクーラー機能を保持し冬は熱を逃がさない、快適な生活を送るのに大きく役立つものでもあります。カーテンはただの布にあらず、快適な住環境づくりに必要なものなのです。

どんな生活スタイルの人が遮光カーテンを使うと良いの?

遮光カーテンは光を遮ることを重視した機能性カーテンです。陽の光を遮ってくれるので、朝になっても部屋は安眠できる環境に保ってくれます。そのため起きる時間まではぐっすり眠りたい人や夜勤などがある人にはピッタリの機能であると言えるでしょう。また外からの光を遮るのみでなく、部屋の中の人影も外へ映しません。女性の一人暮らしの安全対策や、防犯対策としても役に立ちます。

また断熱作用があるため、外からの熱や冷気は防ぎ部屋の中の気温を逃がさないので、クーラーやヒーターで行った気温の調節を長続きさせることができます。その結果電気代の削減につながるため、少しでも節約したいと考えている人に遮光カーテンは適しています。