カーテンの色や模様が与える印象の違い!

気分を変えることができる

気分を明るくしたいときは、明るい色合いにポップな柄を組み合わせるとよいでしょう。仕事で落ち込んでいるときや一人暮らしの寂しさなどを感じるときは、ピンクや黄色、オレンジなどの色鮮やかな色を選んだり星柄や花柄などを選ぶことでテンションを上げることができます。気分を落ち着かせたいときには、紺色や黒色、茶色などのダーク系の色に無地やライン柄などを組み合わせるのがおすすめです。カーテンをみて、冷静になれることもあります。カーテンには、さまざまなカラーや模様があります。お店で時間をかけて選んでも、実際にカーテンを取り付けてみると想像とは異なる印象を受けることもあるでしょう。そのため、購入する前には、返品交換可能かどうか確認しておくことも大切です。

雰囲気を変えることができる

選んだカーテンの色や模様で部屋の雰囲気を変えることができます。赤やオレンジなどを色を選べば、温かい雰囲気の部屋にすることができます。ドット柄やかわいらしい絵柄を組み合わせるのもおすすめです。水色や白色を選べば、清潔感のある雰囲気に仕上がります。黒や紺色であれば、シックな雰囲気になるでしょう。柄を入れず無地にすることでより大人びたの印象にすることができます。カーテンを購入する場合、部屋をどのような雰囲気にするのか事前にしっかりと決めておく必要があります。さまざまな色や柄があり、迷ってしまう場合は、店員にアドバイスしてもらうのもおすすめです。部屋にとりつけた場合の写真などを見せてくれることもあります。