カーテンの素材感はなりたい部屋で選ぶ!

部屋の雰囲気で決められるカーテンの素材

カーテンというと綿やコットンなどの天然素材に、ポリエステルやアクリルなどの化学繊維といった様々な材質があります。その選択肢の多さが、なかなか良いカーテンが決まらない要因だという人もいるかもしれません。確かに色や形は部屋の雰囲気からある程度合うものを選べても、素材の合わせ方は難しいですよね。そのような時は、どのようなテイストの部屋にしたいかで決めると良いでしょう。例えば、マリンスタイルやナチュラルスタイルといった自然を思わせる空間には、柔らかな印象の天然素材がおすすめです。化学繊維のカーテンは、自然というよりはどこか無機質だったり、シンプルだったりする部屋にぴったりです。室内のスタイルに最適な素材のものを見つけていくとおのずとベストなカーテンが見つかるかもしれません。

カーテンをかけたい部屋の役割で選ぶ機能性と素材

素材に注目してカーテン選びをする際、どのような役割の部屋なのかも参考になりますね。カーテンには遮光タイプや遮熱タイプなど各機能性に優れた素材が揃っています。寝室のようなプライベートな空間には遮光作用のあるものを、南向きの部屋には遮熱カーテンをかけてみるのも良いかもしれません。ただし、このような機能を持つタイプは加工の都合上、完全天然素材のものは少なく、化学繊維が混ざったものが多いです。それでも、天然の素材感が強く出るよう手を加えられたものもあります。

また、加工による効果ではなく、生地の薄さや使っている素材によって室内に程良い太陽光が入るよう調節できるレースカーテンもあります。自然光の温かな空気が漂う場所にしたい場合は、もってこいなアイテムですね。このように、部屋の役割とカーテンの機能性を掛け合わせて考えることは、ベストカーテンを決める一つの目安になるでしょう。