カーテンの機能と役割!

快適な生活のサポート

自宅で当たり前のように使用しているカーテンには外からの視線を遮るプライバシーの保護以外にも様々な役割を備えています。その一つが遮光性です。自宅の間取りによっては日中に太陽の日差しで生活に支障を来してしまうケースも少なくありません。日差しが特に強くなる夏場は窓ガラスを通した光の屈折によって起こる火災が起こるケースも考えられます。カーテンによって日差しを調節することこれらを防ぐこともできるのです。そのほか、カーテンの素材によっては外気の遮断や吸音の効果が備わっている物もあります。気温が低くなりがちな冬の時期はカーテンを閉めることで保温効果が得られて、室内で使用する暖房器具の効率をより高めることも可能です。

素材によって異なる機能

一口にカーテンと言っても選ぶ素材によって特徴が異なります。中でも防災を重視する上で最適となるのがウール素材です。ウールは文字通り動物の毛を利用して作られたカーテンで、熱の伝導率が少ないという特性があります。これにより、万が一火災が起きた場合も燃えにくく被害の広がりを防ぐことができるのです。日常の手入れを重視する人向けの素材として麻が挙げられます。麻は特有の質簡による肌触りの良さ、通気性や速乾性という機能を備えているのが特徴です。通気性によってカーテンを閉めた状態でも外からの風が入りやすく、汚れを落とす目的で洗濯をした時も速乾性の機能ですぐに乾かすことができます。ただし、麻はシワはできやすいので手入れには注意が必要です。